間取りを考えよう

業者とデザインする場合

まず、家の間取りを考えましょう。

具体的な間取りはメーカーや工務店からもらうことも可能ですので、まずはイメージを作っていきましょう。
今住んでる家の間取りを思い出しながら今よりリビングを広くしたい、この部屋を作りたいなどを具体的に書き出していきましょう。
一度でも目に見える形で書き出していくことで、自分たちのイメージする新居がどんなものなのかが分かります。

次に、構造や設備を考えていきましょう。

キッチンやバス、洗面台など、直接取り付けるタイプのものはどれぐらいのものにするのか。
家具はどんなものを置きたいのか。
今よりもいいキッチンを使いたいなど、こちらも書き出していきましょう。

これらを順に構想することで、家全体の雰囲気づくりが出来てきます。

様々な家の内装や間取りを見ておくと自分の中の引き出しが増えますので、是非様々な方法で色々なインテリアと間取りを見てみましょう。

自分たちでデザインする場合

こちらもまずは家の間取りを考えていきましょう。

もしお子さんがいる場合には部屋をどうするか、書斎等は作るのか、逆に必要のない部分を削るなどして、まずは部屋の数を考えます。
車や自転車などはどれぐらい置きたいのか、和室や客室等の有無も考えなくてはいけません。
そして屋外に庭やバルコニーを作るのかどうかも大切です。

そこから大まかな配置などを考えていき、工務店等が用意する間取りの見本などを参考にしつつ具体的に決めていきます。

そして構造や設備は前と同じく、雰囲気を統一するなどしていきましょう。
家の素材などもこだわりがあるようでしたらキチンと伝えましょう。

免震構造や耐震構造もきちんと考えましょう。
近年は大きな地震が増えていますから、自分の家は大丈夫と思わずに安全な家を考えましょう。


B!