注文住宅を建てるまで

注文住宅を建てたいと思うことはあれど、注文住宅がどんなものなのかパっと思い浮かぶ方は少ないのではないでしょうか?
まずは注文住宅についてよく知っていただき、その上で自分らしく個性的な家を建てていただきたいと思います。

注文住宅とは反対側に位置するのが建売住宅になります。
建売住宅と注文住宅の違いはどんなものなのでしょうか?

建売住宅または分譲住宅とは、既に場所と建物が決まっていてそれらをまとめて購入するタイプのものを指します。
こちらは最初から間取りなどのデザインが決まっていたり、すぐに入居できることが特徴として挙げられます。

これに対し注文住宅は、場所や建物を自由に決められて自分だけのオーダーメイドの家を作ることが出来ます。
長く住み続けるにあたって、自分に必要なものを必要なように作ってもらえるのですからとてもいいですよね。

日本では多くの方が注文住宅を選んでいます。
注文住宅はどのような人向けなのでしょうか?

注文住宅は建設までに多大な時間がかかります。
ですので、すぐに住みたいという方やすぐに引っ越すという方は向いてないです。

しかしずっとそこに住むという方や、一生ものの家に住みたいという方には最適です。
分譲住宅と比べてお金がかかる代わりに、欠陥住宅も少なく長く持つ家が多い為です。

注文住宅のもつ特徴を理解したところで、ここからは注文住宅に住むまでの手順やデザインの案、注意点を順にお伝えしていきます。