ウーマン

妊娠線は予防が肝心│肌質に応じたスキンケア術

綺麗なお腹

妊婦

認知が進むこと

妊娠線は、赤紫色のスイカの皮の模様のような細い線が体の色々な箇所に出来ます。日本人妊婦さんのおよそ90%以上の人が妊娠することで、妊娠中もしくは出産直後に妊娠線ができると言われています。しかし、その状態やでき方には個人差があると考えられており、そのため、確実に妊娠線をなくすにはそれぞれの妊娠線の状態によってケアを変えていくことが大切だという考え方が各分野で広まりつつあります。また、ケアを妊娠している間に行うことで妊娠線を予防することができるという考え方もメジャーになってきており、妊婦さんの間でも注目がされています。早くからの予防対策が重要であるということがより広く世間に認知されることで、より多くの妊婦さんが予防のためにケアを行うようになると考えられます。

継続してケアをしていく

妊娠線の予防をする際に大切なのが、肌に保湿を与えるということです。妊娠線が起きてしまう要因として、妊娠したことによる女性ホルモンの変化、そのホルモンの変化により肌が乾燥してデリケートになることが挙げられます。乾燥している皮膚が赤ちゃんの成長によって大きくなろうと急に伸びることで皮膚に亀裂が入ってしまいます。妊娠線が出来ないように予防をするには、お腹が大きくなり始める前に皮膚にたっぷりの保湿をしてあげることです。妊婦さん専用の妊娠線予防のためのクリームやオイルを使うとより効果的でしょう。つわりが落ち着いた妊娠初期から出産後、体がある程度元の大きさに戻るまで継続して体のケアをしていくことが、妊娠線を予防する上で大切です。また体に負担が掛からないようにするためにも、添加物の少ないものを使用するようにしましょう。予防のためのクリームは、基本的には優しい成分にて作られていますが、念のためにも成分などの確認は行なうことが大切です。

乾燥しない肌をもとう

微笑む女性

乾燥肌対策には、洗い過ぎないこと、洗う際にはやさしく洗うこと、保湿化粧品を使うことなどが挙げられます。また、潤いとハリをもたらすヒアルロン酸なら化粧水、肌にバリヤ機能を与えるセラミドならば乳液やクリームといった、保湿成分それぞれの特徴をいかした化粧品を選んで使用するようにしましょう。

詳細

どんな成分が入っているの

肌に触れる女の人

リプロスキンの成分は、敏感肌の人にも安心な、無添加のもので作られています。ニキビ肌の人は、これ以上の肌トラブルは避けたいですよね。安心安全な成分配合のリプロスキンなら、効果を実感できること間違いなしです。

詳細

刺激が少ないメリット

化粧品

オーガニックコスメは天然成分を使用した化粧品です。刺激物が少なく乾燥肌や敏感肌など普段の化粧品からの刺激を気にしている人も安心して使用できるメリットがあります。しかし無添加のもので構成されているものや天然成分が含まれているものなど種類がありますので注意が必要です。

詳細